パートナー選びが大切

企業で働いていて、ある程度の時期になると仕事にも将来的にも頭打ちを感じる時がきます。
退職して、フリーエンジニアの道を選択する人が少なくないのは、このような状況もあってのことだと思います。

フリーになると仕事の幅や様々なところでの自由を感じる事が出来ますが、その反面、全ての事を自分でしなくてはいけない、といった仕事量の多さもかかってきます。
仕事を1つ得るためには営業回りが必要だったりしますし、収入や支出があれば経理事務もしなくてはいけません。
受けた仕事を納品しなくてはいけませんし、企業に属していた時よりも毎日が忙しく感じるかもしれません。
自分の得意分野を活かしてフリーエンジニアの道を選んだのであれば、その仕事に専念できるように工夫が必要です。
営業をしないと仕事はありませんし、仕事がないと収入にも繋がりません。
営業がいかに大切か、という事です。

営業が得意な人、製造が得意な人。そんなパートナーがいれば比較的、上手く回るものです。
これらの人材はフリーになって、いきなり現れるものではありません。
企業に勤めている間の人間関係や、どのように人と関わっているか、このような事が影響してくるのです。
当面は既存の仕事をしながら手伝ってくれる人でも良いです。
収入の見込みが出来たら一緒にやろう、そう思える人や思ってくれる人にどれだけ巡り合えるかです。
いずれはフリーで、と考えているのならば今でしか出来ないことをしっかり築いておく事も大切です。
信頼の出来る人間関係は、誠実に人と関わる事から生まれてきます。
出来るだけ会社勤めのうちに沢山の人と関わり、揺るがない信頼関係を築いておきましょう。